私のシンプルな暮らし

暮らし・物・気持ちをシンプルに。小さな暮らしを心がけています。

こころ

私が取り戻したもの

仕事を辞めて、無職になって3ヶ月が過ぎた。 求職活動を始めているが、急いでいないので、のんびりしたもの。 働くからには長く働きたい なので、条件面では妥協せず、焦らず探している。 ことろで、最近、私が取り戻せたなぁと思ったものがある。 それは「…

シンプルライフで好きなことば

私はシンプルライフを実践しているけど、密かにミニマリストに憧れている。 最低限の物だけで暮らすことが、どれだけ軽やかで清々しいことか……想像しているだけの現在だけど、そんな私が好きなことばを紹介したい。 *小さい・コンパクト このことばは、心の…

モノは人間を幸せにはしない

モノがあふれかえり、国民はモノをたくさん持つようになるが、ゴミも多くなる。なぜなら国民はモノを生産し続け、買い続けるから。(中略)人間はそれによって満足するだろうか? 上記は現在私が読んでいる本『世界幸福度ランキング上位13ヵ国を旅してわかっ…

無職生活の今思うこと

無職生活がもうすぐ3ヶ月目に入ろうとしている。 なんだか、気楽で穏やか、のんびりした毎日を過ごしている。 家事をして、ネコの世話をして、本を読んで、ブログを書いて、時々外出して……な日々で、毎日が休みなのに「明日も休みだ!」と思うと嬉しくなる…

安定感のある人、心地の悪い経験

先日とても興味深い記事を見つけた。 「お金を持っていない」と思って生きることにしていますーーベストセラー漫画家になった、矢部太郎の人生観(Yahoo!ニュース オリジナル 特集) ❝旅行はほとんどしない。酒も嗜まず、グルメにも興味がない。新宿伊勢丹の…

仕事を辞めた後の心情

私は大学を卒業後、ずっと働き続けてきた。 ここ5・6年間はロボットになったつもりで 心を無にして働かざるを得ないことも多く 私生活でも弱い自分の心に鞭を打ち 奮起しないと乗り越えられないこともあった。 そうやって自分の心・本当の自分を無視したり …

心がけたいこと

出前迅速 ↑ 懐かしい言葉 私には、なんでも「早く・速くやらなくては」 という強迫観念があって(特に仕事で) 職場にはのんびりマイペース チャット会議の返事もいつも一番最後という人がいて 正直「もっと早くできないのかなぁ」とイラ立っていた。 だけど…

ある「欲」が減った

自由に使えるお金がたくさんある 数人とそういう話題になったことがあり 別荘が欲しい、車のバージョンアップをしたい ブランド品を買いたい、競走馬を所有したいなど まぁ、いろいろ所有したい物が出てくる。 その話を聞いていた私は 自分の「所有欲」が減…

大切で愛おしいもの

2020年12月「土の時代」が終わり 「風の時代」に入り 価値観に大きな変化が起こると言われている。 ▽ 関連記事 私は2020年後半から ●外食はチェーン店ではなく 近所の個人の店を利用する ●値段よりも価値を考える という変化があった。 自分が満足できること…

花とシンプルライフ

この頃は、いろいろな花が咲き出し 外を歩くのが楽しい。 花を見ていると心は安らぎ (なのに、なぜか仕事中は花のことを忘れてカリカリ……) 最近は家でも切り花を飾るようになった。 若い頃は、自然の移り変わりとか 花が咲いているとか、 あまり興味なかっ…

捨てた方が楽になるもの

シンプルライフを実践して 7年が経とうとしている。 暮らしをシンプルにすることが こんなにも素晴らしい効果があるなんて。 シンプルライフをはじめてよかった 心からそう思っている。 7年前、シンプルライフを始めず 変わらず同じ暮らしを続けていたら …

私の天国

僕と結婚しないと 君は誰にも心を開かず ずっと一人だったと思う。 ↑ 夫がこう言ってきた。 私は昔から 自分の本音を言うことが怖くて 言えずに、誤魔化してきた。 自分の本音を言って 否定されたることを想像したら 死ぬほど怖かった。 事なかれ主義で、 自…

小心者だから生活をサイズダウン

とても凹むことが続き 辛く、苦しい、今の私 ここ数年、私が目標としてきたことは ひとつも成果が出ず 準備を重ねたものが、一瞬でパァになり コツコツ続けても結果に結び付かない 目の前には、むなしさと、無力感だけがある 人一倍気が弱くて、小心者 そん…

思い込みをもうひとつ捨てる

苦しいこと、辛いことは 必ず乗り越えられる。 だから逃げずに乗り越えよう。 そうすれば、人間としてより成長できる。 そう思い込むことをやめたい。 自分ではどうしようもできない 苦しいこと、辛いこと (人からの理不尽な言動や、 本当は苦しくて辛いだ…

片づけで人生も片づく

「ガラクタ捨てれば自分が見える」 これは真実だと思う。 いらない物を捨てる時は、 その物が自分にとって必要?不要?など 物と向き合って、捨てると決めたり その物を買った当時の感情や思い出、 今の心情など、自分とも向き合う。 以前の私は「捨てる」と…

40代女の悩み

「会社に勤めていること」 これが、世間的には信頼のある生き方 親に心配かけさせない生き方 そう思い続け今日まで生きてきた私は 学業を終えたてから、これまでずっと 勤めを続けてきた。 20代はいきがっていたせいもあって 身の丈に合わない仕事に野心を燃…

人生をよく生きるための、はじめの一歩

昨年末から私の価値観に少しづつ変化が出はじめ 物質的・金銭的な豊かさより 心を豊かにしたいという思いが いっそう強くなってきた。 きっと、コロナ禍でストレスや不安が増し 世の中がピリピリしているところに 「時代の変化」が重なっているのかも。 仕事…